2018年2月公開・岡崎京子原作/行定勲監督 映画「リバーズ・エッジ」に出演決定!!

2017.09.27

青春漫画の金字塔と名高い、岡崎京子さんの最高傑作「リバーズ・エッジ」がついに映画化され、吉川こずえ役でSUMIREの出演が決定しました。

監督を務めるのは、初の漫画原作を手掛ける行定 勲監督、脚本に『アズミ・ハルコは行方不明』の瀬戸山美咲。どうしようもない欲望と孤独を持て余し、愛に飢え、暴力に逃げ、生きることにもがく高校生たちの姿を鮮烈に描きます。出演は、自由に生きる今時の女子高生・若草ハルナに二階堂ふみさん、ハルナの同級生でゲイのため執拗なイジメに遭う山田に吉沢亮さんが発表されていましたが、今回追加キャストを新たに発表。
山田に一方的な好意を寄せるクラスメイト・田島カンナに森川葵さん、ハルナの恋人で山田をイジメる観音崎に上杉柊平さん、摂食障害のモデル・吉川こずえにSUMIREが、そして、父親のわからない子どもを妊娠するハルナの友人・ルミに土居志央梨さんら、錚々たる日本映画の新時代を担っていく華やかな若手キャストたちが集結しました!

「リバーズ・エッジ」
2018年2月、TOHO系全国ロードショー
http://movie-riversedge.jp/

出演:二階堂ふみ/吉沢亮/上杉柊平/SUMIRE/土居志央梨/森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)

<あらすじ> 
「若草さん、今晩ヒマ?僕の秘密の宝物、教えてあげる」。
ハルナ(二階堂ふみ)は、カレシの観音崎(上杉柊平)がイジメる山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、腐りかけた死体を目にする。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという摂食障害のモデル・こずえ(SUMIRE)が現れ、3人は友情とは違う歪んだ絆で親しくなっていく。
その一方で、父親のわからない子どもを妊娠するハルナの友人・ルミ(土居志央梨)と、山田に好意を寄せるクラスメイト・カンナ(森川葵)は過激な愛情を膨らませていく。そしてある日、また新たな死体が生まれてしまう———。

<SUMIREコメント>
人見知りな上に役者の経験もほぼ無く緊張していたのですが、キャストの方々が同年代ということもあり親しみやすく、撮影時は和気藹々とした環境でとても居心地が良かったです。
こずえは、一見根暗だけれど、好きな人やもの、嫌いなものがハッキリしている性格。モデルという職業柄、自分と似ている部分もあって、仕事をしている時の気持ちや他人からの見られ方など、共感しながら演じることができました。



NEWS